旅行

タイのお寺はサンダル、スカート、半袖が入場制限にひっかかるって本当?

投稿日:2018年7月9日 更新日:

嘘の事を本当のように書いているネット時代。

タイのお寺でどんな格好(上から下まで)でいっていいのか知りたいなら

住んでる人に聞けば一番。

って事で、私が本当の情報を赤裸々にお伝えします。

★記事で分かる内容は?

・タイの寺院にサンダルを履いていって・・・OK?

・タイの寺院にスカートを履いていって・・・OK?

・タイの寺院に半袖を着て行って・・・OK?

スポンサーリンク

タイの寺院にサンダルで入って行けないは嘘?本当?

タイのバンコクには約3万ほどのたくさんのお寺があります。

有名なお寺はこの3つ。

ワットポー、ワットプラケオ、ワットアルン。

 

ネットでは、お寺に行く時はサンダルで行ったら入場できないなんて書かれている記事もあります。

が、

実際はサンダルでいってもまったく問題ありません。

 

たぶんこんな写真がお寺の中にあるから混乱するんだと思います。

上の写真は無視しても平気です。

言いたい事は、きちんとした身なりでふざけた格好できたらダメですよって意味です。

 

クロックスでも、ビーチサンダルでも、キティーちゃんサンダルでもなんでもOKです。

もちろんスニーカーでもOK。

なぜか?

お寺に入る時は、靴置き場があり結局脱ぐから問題ないんです。

 

涅槃像(ねはんぶつ)で有名なお寺(ワットポー)も靴置き場があり

中に入るには、どっちみち靴を脱がなくてはいけません。

 

タイ人の女性は、靴をはいてくる人がすくなく、サンダルで来る方が多いです。

 

タイで、サンダルやクロックスが禁止されている場所は

ドレスコートが必要な高級レストランやBAR、クラブだけです。

雨季のシーズンは、靴もびちゃびちゃになりますので

サンダルで来るといいかもしれませんね。

雨季シーズンのお寺周辺は本当にこんな感じになります↓

 

タイの寺院にスカートで入って行けないは嘘?本当?

まず、この写真を見て下さい。

この二人は私のタイ人の友達ですが、女性の方はスカートでなく

なにか巻いてますよね?

そうなんです。タイのお寺ではスカートで入ってはいけないんです。

男性も短パンはだめ。

女性も短いパンツでの入場はできません。

七分丈なら男性はOK

女性は、足のくるぶしが隠れるくらいのズボンならOKです。

 

そんなのもってないよっていう方、大丈夫です。

お寺に行けば、上の写真のような羽織るようなものを無料で貸してくれます。

もしろ貸してもらった方が、写真撮る時もタイっぽくていいかもしれませんね。

 

それに、お寺近くではタイパンツが必ず売っています。

上は子供用。

下は大人用で300円ほどで買えます(ウィークエンドマーケットと同じ価格なので安心)

もちろん、タイパンツでお寺にはいってもまったく問題ありません。

スポンサーリンク

タイの寺院に半袖で入って行けないは嘘?本当?

半袖できてもまったく問題ありません。

が、タンクトップは止められる可能性がありますのでやめといた方が良いでしょう。

 

最近、お寺に行った時外人観光客がタンクトップで入るところを警備員の人に呼び止められていました。

しかも女性だけ。

お寺で呼び止められるのは、たいてい女性です。

お坊さんにも女性は触れてはいけないようにな規律になっていますので女性の方は注意して下さい。

ちなみに、ベビーカーにのるような小さい子は何を着ても何にも言われません。

ノースリーブでもスカートでもOKです。

子供には優しい国なんですね。

 

最低限知ってほしお寺でのマナー

女性はお坊さんに触れてはいけません。これは絶対に守って下さい。

それと、お寺の中に入った帽子はとり、サングラスも外しましょう。

警備員が注意しに来ます。

それと、ふざけた行為はしないようにして下さい。

服を脱いだりして捕まった外国人は数知れません。

もちろん、王様の悪口を言っても犯罪になる国なのでそこだけは注意して下さいね。

 

 

 

スポンサーリンク





-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ最後の秘境ンガイ島の旅行記!海の透明度や見どころを紹介

ンガイ島を検索するなんてマニアックですね(^_^) でも、このマニアックな島こそがタイで一番の穴場の島なんです。 そんなこの島の魅力を旅行記でお伝えします。 スポンサーリンク

タイでチップが必要な場面

タイでチップが必要なシチュエーション別まとめ記事!渡し方相場も紹介

タイでチップが必要な場面は決まっています。 中には、払わない人もいますがそれは選択の自由なので悪いとも良いとも言えませんが タイでスマートに支払いを済ませたい方はこの記事をみて どの場面でどれくらいチ…

続きを読む

タイ 5月 気温,タイ 5月 気候,タイ 5月 服装

5月タイ特有の気温と気候に注意報!おすすめの服装はこれ

5月のGWにタイ旅行に行く方は知ってほしい タイならではの気候や気温が原因で、 体調不良を起こす人が多くいらっしゃいます。 せっかくの旅行を楽しく過ごすために知っておきたい 正しい服装なども合わせて紹…

続きを読む

アユタヤ ツアーなし,アユタヤ 日帰り プラン

アユタヤツアーなしとありどっちが良い?日帰りモデルプランを紹介

アユタヤに行こうと予定している方は オプショナルツアーに参加するのか?はたまた自力で行った方が良いのか? 悩みどころだと思いますが、 ツアー参加も個人で行った事もある私が 両方のメリットデメリットを書…

続きを読む

プーケット 治安,プーケット 注意,プーケット 1人旅

プーケットの治安レベルは?注意点を知れば1人旅でも安心!

これからプーケットに旅行に行こうと思っている方へ。 プーケットはバンコクと比べてどれくらい治安が良いのか? プーケット島だからこそ気をつけたい事や 1人旅に必要な持ち物などを紹介していきます。 ★記事…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事