お寺

ワットパクナムから簡単に行ける周辺観光スポットべスト3位!

投稿日:

ワットパクナム周辺はとにかく地味な街並みで

エメラルド寺院と呼ばれるあの宇宙みたいな天井を見る以外はぶっちゃけると

なーーーーーんにもありません。

周辺を散策してみたんですが、超ド級の田舎町↓

おいしい食事、マッサージ、お土産屋さん

そんなオシャレな場所ではないので、

天井見たらそそくさに、次の観光場所まで行きたいところです。

そこで、ワットパクナムl観光後に行ける

人気観光スポットべスト3発表していきます。

スポンサーリンク

ワットパクナムから簡単に行ける周辺観光スポットべスト3位!

ワットパクナムの最寄り駅は、ウタカート駅でした

・・・が、地下鉄が新しく開通され

 

最新の最寄り駅は、地下鉄ブルーラインの

・バーンパイ駅 Bang Phai

 

ウタカート駅だとタクシーで行く必要があったのに対し

最新最寄り駅のバーンパイ駅は、

歩いて10分たらずで行けるようになったので、

かなり行き易い場所になりましたね。

 

その地下鉄の開通のおかげで

ワットパクナムから行ける観光スポットもアクセスが便利になりました。

早速ですが、紹介していきます。

1位 ワットポー

営業時間:08:00~18:30

拝観料:200バーツ(600円)
120cm以下の子供は無料

所要時間:30分

 

ワットポーはタイに来たら絶対に行っておきたいお寺です。

むしろこのお寺だけ見ればあとはお寺好きでない限り、

行かなくてもいいくらい見どころがあります。

 

以前のワットポーはとっても行きにくい場所にありましたが

こちらも地下鉄の開業のおかげで行き易くなりました。

ワットパクナムからは地下鉄一本で行けるので

アクセスは最高に抜群です。

 

ワットポーまでの行き方

1、ワットパクナムから最寄駅「バーンパイ駅」

徒歩で10分

 

2、バーンパイ駅からワットポーの最寄り駅「サムチャイ駅」

電車で15分

 

3、サムチャイ駅からワットポーまで

徒歩で5分

 

<最寄り駅>

ワットパクナム:バーンパイ駅(Bang Phai)

 

ワットポー:サムチャイ駅(Sanam Chai)

 

両方とも地下鉄MRTです。

 

地図

2位 アジアンティーク

営業時間:16:00-24:00

レストランは10時~24時

所要時間:22分

 

アジアンティークは、タイの3大マーケットの1つです。

川沿いにあり、とてもきれいでオシャレなマーケットです。

 

売っている物は、ウィークエンドマーケットよりは高めですが、

品質がしっかりしています。

 

マンゴーがおいしくて有名なお店、マンゴタンゴもあります。

アジアンティークまでの行き方

行き方は2通りあり

・タクシー

・電車+ボート

 

おすすめはタクシーです。

タクシーで行く場合は?

ワットパクナムから大通りに出てタクシーを捕まえて

エイジアンティークと言えば行ってくれます。

もしくは、このタイ語表を見せて下さい→เอเชีย ทีค เดอะ ริเวอร์ ฟร้อนท์

この写真を見せても分かってくれるでしょう。

タクシー料金は、

100バーツもあれば着きます。

 

電車+ボートで行く場合は?

ワットパクナムからタクシーでウタカート駅に行き

そこからサパンタクシン駅まで行き、無料シャトルボートでアジアンティークまで行けます。

結構面倒ですが、片道50バーツと交通費が安いのがメリットです。

 

3位 シーロム

最寄駅:MRTシーロム駅(Silom)

もしくは、BTSサラデーン駅

電車での所要時間:30分

 

男性が好きな、夜の街とくればここタニヤ通りですが

ここには、パッポン通り(ナイトマーケット)もあるので

女性も買い物が楽しめます。

タイのお土産

例えば、

・Dean and Deluca(ディーンアンドデルーカ)

・ジムトンプソン

・ナラヤ

この場所のすごい所はどれも、

駅から徒歩5分以内の場所で、これらのタイの人気ブランド店で買い物ができます。

タイでは希少価値が高くなった、屋台もここに行けば堪能できます。

いろいろ大人が楽しめる場所だと思います。

シーロムまでの行き方

ワットパクナムの最寄り駅(バーンパイ駅)からシーロム駅まで

地下鉄MRTで一本で到着です。

スポンサーリンク

ワットパクナムから行けるおすす観光モデルプラン

できれば1日でこれらの観光スポットを

回りたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方のために作ってみました。

ワットパクナムから日帰りで行くおすすめ旅行プラン

1、ワットパクナム観光

2、ワットポー又はワットプラケオ観光

3、アジアンティークで買い物と食事

4、解散

1、ワットパクナムで観光              (10時~11時)

見所は、天井しかないお寺なので

1時間もあれば退屈してきます笑

 

・ワットポー周辺のレストランで昼食(12時)

ワットパクナム観光したら、電車でワットポーまで行きます。

ワットポーの近くにはレストランやカフェもあるのでぜひここで、昼食をとって下さい。

おすすめはこちら↓

2、ワットポー観光 13時~15時

ワットプラケオまでは歩いて15分くらいで行けるので

もし行けるならワットプラケオに行っても良いでしょうね

>>ワットポーからプラケオ 徒歩での行き方

3、アジアンティーク(17時~19時)

ワットポー又は、プラケオからは

船でアジアンティークまで行けちゃいます。

およそ、50分もあれば着くので17時にはアジアンティークに着けるでしょう。

アジアンティークに着いたら、

レストランで食事、マッサージ、買い物、

マンゴーを食べつくすのもありでしょう。

夜は24時ごろまで営業してるので、遅くまで遊べますよ。

アジアンティークの最寄駅は、サパンタクシン駅ですが少し離れているため、タクシーで帰ると楽です。

アジアンティークには、タクシー専用乗り場があるのでぜひ利用してみて下さいね。

さいごに

旅行のプランを立てる時、ついやってしまうのが、無理なプランを立ててしまう事。

時間が無いのは分かりますが、

タイでは、外に立っているだけで

暑さで体力を消耗します。

 

ワットパクナムから、一番近くて

アクセスが便利なワットポーならすぐに行けるのでらまずはワットポーを観光し

余力があれば、

次の観光スポットに目指す事をおすすめします。

スポンサーリンク





-お寺
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワットプラケオ 子供料金,ワットプラケオ 服装 子供

ワットプラケオ子供の入場料金は?服装の制限は大人と全く違う?

子供と一緒にワットプラケオに行かれる方へ、 入場にかかる料金や服装 お寺に入る時、入った後の注意事項を説明しています。 スポンサーリンク

ワットパクナム 駅から,ワットパクナム 行き方 徒歩,ワットパクナム 周辺

ワットパクナム最寄駅から徒歩での行き方(写真付き)周辺観光も紹介

ワットパクナムの最寄り駅、ウタカート駅から歩いて行くにはグーグルマップを使って行くとものすごく遠回りになってしまいます。 でも安心して下さい。 実際、歩いてきて最短距離を見つけてきたので、その道をこれ…

続きを読む

ワットプラケオ ワットポー 移動 ワットプラケオ ワットポー 徒歩

ワットプラケオからワットポーまでの移動方法は?徒歩で行ってみた!

王宮のワットプラケオから涅槃像があるワットポーまでの移動方法を2つ紹介します。 実際に歩いてみたので、写真付きで詳しく説明しています。 歩いてみた感想や所要時間 周辺のレストランやコーヒー情報も紹介し…

続きを読む

ワットポー ワットプラケオ 行き方,ワットポー ワットプラケオ 徒歩

ワットポーからワットプラケオへの行き方は?徒歩で行ってみた(写真付き)

ワットポーからワットプラケオまでの 移動手段を3つ紹介しています。 徒歩で歩いてみた感想や周辺のカフェ情報も紹介しますよヽ(^。^)ノ ワットプラケオからの帰り方も知りたい方必見です。 スポンサーリン…

続きを読む

タイ 三大寺院 所要時間,タイ 寺院 巡り,タイ 三大寺院 回り方

タイの三大寺院に費やす所要時間は?1日全部巡らない方が良い理由とべストな回り方を紹介

タイの有名な三大寺院といえば、 ワットポー、ワットプラケオ、ワットアルン それぞれ近い場所にあるので、1日で全て巡りたい方も多くいらっしゃると思いますが 私なら絶対に1日で巡るのはやめておきます。 そ…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事