ドンムアン空港

女性もドンムアン空港のタクシーを安全に乗れる方法!メーターと相場を知れば怖くない

投稿日:

タイではタクシーにぼったくられる被害が続出しています。

その被害に遭う原因は共通して

安全に対する知識が足りないからなんです。

でも大丈夫です。

ここでは、女性1人でも安全にタクシーに乗れる方法を紹介して

メーターの見方や市内までの料金の相場が簡単に分かります。

★記事で分かる内容は?

・ドンムアン空港のタクシー安全マニュアル

・ドンムアン空港のタクシーメーターの見方

・ドンムアン空港から市内までの相場を紹介

スポンサーリンク

ドンムアン空港のタクシー安全マニュアル

ドンムアン空港にあるタクシー乗り場は

到着ロビーをでてすぐ左に真っすぐ行けば簡単につけますが

途中、こんな事を叫んで読んでくるオッチャンが現れます。

「ヘイ、タクシー。ウェアーユーゴー?」

そこで安全マニュアルの出番です。

 

安全マニュアルその1

呼び込みタクシーには絶対に乗らない事

 

呼んでくるタクシーは、メーターを使いません。

交渉制で、普通のメーター料金の3倍以上をふっかけてきます。

しかもそんなタクシー運転手は危ない人ばっかりなので、

絶対に乗らないで下さい。

タクシー乗り場までの行き方はこちらで

詳しく解説していますので不安の方はご覧下さい。

ドンムアン空港のタクシー場所は?待ち時間システムが進化!乗り方や料金の相場について

チケットの買い方もこちらで紹介しています。

安全マニュアルその2

・空港使用料とチップ制度について

 

空港から乗るタクシーは、

空港使用料が50バーツ(150円)取られます。

 

使用料は、メーター料金には表示されていないので

メーター料金+空港使用料(50バーツ)を払いましょう。

 

チップは、

最後に払う事になりますが

もちろんチップを払わない選択もあります。

しかし、空港から重い荷物を車内に積みこみ

タクシー運転手に負担をかける事に対して

私はチップを含めた料金を払います。

 

なので、

メーター+空港使用料+チップ代

っとなるわけです。

チップの相場は、だいたい50バーツ程度なので

 

空港使用料50+チップ50=100

メーター料金+100バーツを渡してあげると支払いもスムーズにいきます。

 

チップを100、200バーツくれと言ってくるドライバーも中にはいるので

そんな時は普通に無視して降りて下さいね。

 

安全マニュアルその3

行き先を確実に伝える

 

タクシーを待っていると、受付番号で呼ばれ
受付に言って、どこに行くのかを受付の人に伝えます。

その人がタクシー運転手に行き先を伝えるのですが

お互いタイ人なので、かなりアバウトに教えあっています。

ドライバーも知らない土地でも分かったふりをして

乗車した時にお客さんに再確認してきます。

 

ほとんどのドライバーさんは英語が苦手なのでタイ語で話してきますが単語だけ連呼すれば伝えることができます。

ただし、

行き先の伝え方を誤ると、とんでもない場所へ連れて行かれるので

 

・ホテルの住所

・ネットを使えるようにしておく

・タイ語で行き先を事前に調べておく

事前に確認しておいて下さいね。

安全マニュアルその4

・高速代は自己負担

 

空港から市内に行く場合は、高速道路を使う場合があります。

その判断は運転手にゆだねて下さい。

頑なに断ると、機嫌を損ねて乱暴な運転をする場合もあります。

市内までの高速代は、約50~100バーツです。

高速代の支払いは、高速に乗る直前に

料金を伝えてきますので、手渡しで運転手に渡してあげましょう。

ちゃんとお釣りが返ってか上の写真のような領収書をもらって下さい。

領収書には、大きく値段が書いてあります。

 

安全マニュアルその5

・小銭は用意しておく事

 

タイのドライバーはなぜかお釣りを持っていません。

そんな時、めんどくさがってお釣りをチップとして渡す人もいますが

お金がもったいないので、あらかじめコンビニで崩しておきましょう。

コンビニやスタバなどのカフェは、

タクシー乗り場のすぐ近くにありますので水やなどを買って細かくしておいてくださいね。

 

安全にタクシーに乗るためには、

この5つをしっかり把握しておいて下さいね。

ドンムアン空港のタクシーメーターの見方

ターボメーター、ボッタくり、表示されないメーター

いろんな手口でお客さんを

ぼったくろうと企んでいるタクシー運転手は

残念ながらタイにまだまだたっくさいんいます。

 

そんな危ない目に遭わないためにも、

・初乗り料金はいくらなのか?

・何分乗ればいくら?

この辺りは抑えておいた方が良いでしょう。

 

初乗り料金は、35バーツです。

タクシーメーターは、運転席と助手席の間にあり

 

まずは乗車して、確認して頂く事があります。

メーターを使うかの確認です。

メータースウィッチを押しているのか確認しましょう。

ピット音がしたらメーターが開始された合図です。

乗車した時に、すでにメーターの表示が

100とかになっている場合はただちに降りて下さい。

 

初乗り料金は35バーツなので、絶対に35という表示になります。

 

次に、時間、キロ数、料金表示がどうなっているのかを確認しましょう。

上の写真は、

24分間乗っています

9.7キロ走っています

メーター料金が99バーツです

そういう表示です。

 

メーターの料金は、渋滞状況などにより変わってきますのであくまで目安程度に考えておいて下さい。

スポンサーリンク

ドンムアン空港から市内までの相場を紹介

市内までといっても、

市内の場所、渋滞の長さによって料金が違ってきますが

約200~500バーツ程度で行けます

 

私は、ウィークエンドマーケット近くに住んでいた事がありますが、

道路が空いている場合、

ドンムアン空港からは15分で着き

100バーツくらいでした。

混んでいると、30分~40分くらいかかり

料金も150バーツくらいに上がります。

 

スクンビット方面なら、300~400バーツ

オンヌット:100バーツ

スクンビット:300バーツ

バンナー駅:300バーツ

これに空港使用料と高速代、チップを合わせるとだいたい

プラス100バーツになるので参考程度でお考えください。

さいごに

ドンムアン空港から、女性1人でも安心して乗れるか?

と聞かれたら、全然平気です。

その理由は、空港使用料を支払っているから

運転手の身分、ナンバープレートを抑えられているから悪さができないからなんです。

問題なのは、市内で拾うタクシーです。

長年住んでいる私でも、メーターを使ってくれなかったり

乗車拒否は当たり前なので、

市内でタクシーを拾う時は気をつけて乗って下さいね。

 

安全に正しく拾うタクシーの乗り方については

>>タイのタクシーの正しい拾い方について

こちらで見て頂けたらと思います↑

スポンサーリンク





-ドンムアン空港
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ 入国審査 厳しい,タイ 入国審査 帰りのチケット,タイ 入国審査 必要なもの

タイの入国審査は厳しい?帰りのチケットは必要なものなの?

タイの入国審査の厳しさレベルは他の国と比べてどうなのか? 入国には、帰りの航空券は必要なのか? 入国審査で聞かれる質問 拒否をされる可能性がある人はどんな人なのかを紹介していきます。 ★記事で分かる内…

続きを読む

タイのドンムアン空港で拾うタクシーは24時間?深夜着でも安心に利用する方法!

タイのドンムアン空港からでているタクシーは24時間営業? 飛行機が深夜着だからなんだか不安! タクシー料金設定や深夜料金の有無、安全?かどうかの判断を タイ滞在歴6年目を迎える私がお教えします。 ★記…

続きを読む

ドンムアン空港のタクシー場所は?待ち時間システムが進化!乗り方や料金の相場について

最近のドンムアン空港のタクシーは 待ち時間の間、立って並ばなくてもいいんです。 そんなタクシー乗り場、乗り方や行き先の伝え方 市内までの料金の相場を紹介していきます。 ★記事で分かる内容は? ・ドンム…

続きを読む

市内 ドンムアン空港 タクシー,ドンムアン空港 タクシー 料金,ドンムアン空港 ホテル タクシー

タクシーで市内からドンムアン空港までの時間と料金を紹介!ホテルで呼ぶ方法

バンコク市内からドンムアン空港まで、 どれくらいの時間と料金がかかるのだろう? チェックインの時間に間に合うためにある程度の予想をしておきたい人のために道路の渋滞状況なども書いてます。 ホテルからタク…

続きを読む

ドンムアン空港 お土産 時間,ドンムアン空港 フードコート 営業時間

ドンムアン空港のお土産は深夜の時間でも営業中?フードコートやカフェは?

深夜便でドンムアンから日本へ帰国する方は、 早めにドンムアン空港に着いて暇つぶしに お土産選びやカフェで時間つぶしをしたいと思う人も多いのではないでしょうか。 お店の営業時間はもちろん、どんなお土産屋…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事