クレジットカード

タイ旅行はクレジットカードだけで過ごせる?使えない場所と注意点

投稿日:

クレカのポイントが貯まるので普段現金を使っていない人は
タイ旅行でお土産を買うときやマッサージを受けるときももちろん、クレジットカード払いがいいですよね?

旅行ではかなりの出費が予想されるので

ぜひクレジットカードを使いたいあなたへ。

今回は、タイでクレジットカードだけで過ごせるのかを検証してみます。

★記事で分かる内容は?

・クレジットカードだけでタイ旅行ができるか検証

・タイでクレジットカードが使えない場所はどこ?

・タイでクレジットカードを使う時の注意点とは?

スポンサーリンク

クレジットカードだけでタイ旅行ができるか検証

先に答えを言います。

タイに行ってクレジットカードだけで過ごす事は絶対に不可能です。

理由はタイでは、クレジットカードが使える場所が限られているからなんです。

じゃあ、クレジットカードなんて持ってきても意味ないじゃん!

そんな事はありません。

まずは、クレジットカードを使うメリットを紹介します。

タイでクレジットカードを使うメリット

・海外保険がついているので安心

わざわざ海外保険をかけなくてもクレカについているので、何かあった時でも安心できますね。

 

・JCBは優遇されている

JCBで支払うと割引が効くお店があります。例えば、

大戸屋さんは、10%off

タイブランドのお土産で有名なNARAYAも5%off

 

・ポイントが貯まる

海外に行くとついつい買ってしまう物が多くなりますが
その分ポイントもつくのでうれしいですよね。

タイでクレジットカードが使えるお店ってどんなとこ?

・ホテル

ホテルの宿泊料はネット予約で済ませたと思いますが、

もし、延泊したい

ホテルの中のレストランで食べたい、飲みたい

お土産もホテルで買いたい

そんな方でもホテルではクレジットカードが使えるので安心ですね。

・レストラン

タイ料理屋さん、日本料理屋さん。中級以上のレストランではクレジットカードが使えます。

・マッサージ

ほとんどのマッサージ屋さんでクレカは使えますが、あまりにもローカルな場所へいくと使えないお店も存在しますので注意して下さい。

・カフェ

タイは日本以上のコーヒー文化があり、そこらへんにカフェを見かけます。
クレカは使えますので便利ですね。

・デパート

食料品、お菓子、フルーツなど激安で売っているデパートでも使えます。

・Bar

お酒を飲める場所でも使えます。

タイでクレジットカードが使えない場所はどこ?

タイでクレカだけでは過ごせない理由は以下の

クレカが束ねない場所を読んんでいただけたらお分かりになるでしょう。

 

・交通機関

タイには電車で行けない場所がたくさんあり、バスも上級者向けの乗り物なので、移動手段の基本はタクシーですが、

タクシー、電車、トゥクトゥク、バス

一切クレジットカードは使えません。

 

・ローカルマッサージ、屋台

ローカルなマッサージ、屋台をざっくり説明すると

路上で営業しているお店の事をいいます。

屋根もレジもないようなお店なので当然カードなんて使えません。

・マーケット

ウィークエンドマーケット、水上マーケット、ナイトマーケットなど

タイにはたくさんのマーケットがありますが、マーケットのほとんどのお店は個人経営なのでレジがないところがほとんどです。

・お寺

ワットポー、ワットプラケオ、ワットアルン

三大寺院と呼ばれる有名なお寺の入場料はカードは使えません。

お寺の周りにあるマッサージもローカルマッサージなので使えないお店がほとんどです。

タイにはチップ制度がある?

タイでマッサージなどを受けた場合、チップをあげる必要がある場合があり、そのチップも基本はバーツで現金で支払う事になります。

まとめると・・・

・交通機関

・ローカルマッサージor屋台

・マーケットでの買い物

・お寺の入場料

 

タイバーツしか使えない場所での料金の相場

 

屋台

200円で1食たべれます。

お酒は生中で、約200円です。

 

タクシー代

1時間乗ったとしても約1000円あれば足ります。

初乗りは、100円です。

 

電車

40分乗ったとしても200円程ですみます。

 

お寺の入場料

ワットプラケオが一番高いので1700円

ワットポーは700円ほどで入場できます。

 

マッサージ

安い場所だと、1時間で600円〜

中級マッサージ以上はカードが使えます。

 

いくらあれば足りるの?

3泊4日のケースなら、最初に2万くらいタイバーツに両替すれば余裕で足りると思います。足りなければ、近くの銀行か両替所に行けば簡単に両替できます。

 

スポンサーリンク

タイでクレジットカードを使う時の注意点とは?

タイに限らずどの海外でもそうなんですが、

クレジットカードを海外で使うデメリットやリスクは高いでしょう。

理由は、以下の通りです。

・スキミングされる恐れがある

私の友達はスキミングされ、口座のお金が全て無くなりました。

タイのATMはむき出しにおいてある事がよくあるので気をつけてくださいね。

・打ち間違いが多い

タイ人が手入力で数字を打つので、打ち間違いが多いのです。

一桁間違えたなんてことはよくあるのでしっかり確認して領収書をもらいましょう。

・手数料がかかっている

タイでクレジットカードを使用すると、

1括でも必ず手数料が掛かってしまいます。

・VISA 1.63%
・MasterCard 1.63%
・JCB 1.60%
・AMERICAN EXPRESS 2.00%
・Diners Club 1.30%

10万円使ったとしたら手数料は1600円程度なのでそこそこ痛い手数料ですよね。

 

ATMを使いカードでバーツを引き出す(キャッシングする)と

レートも悪いし、手数料も結構取られるので絶対にキャッシングはしないでください。両替するときは、日本円を現地のレートがいい両替所で替えてくださいね。

さいごに

タイでクレジットカードだけでは過ごせませんが、

クレジットカードを使える場所で極力使うようにすれば

日本円2万円ほどをタイバーツに両替すれば十分に3泊くらいは過ごせるでしょう。

スポンサーリンク





-クレジットカード
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事