移動

タイのタクシーはメーターを使わない?料金の見方は?高速に乗ると損?

投稿日:2018年5月23日 更新日:

タイ旅行(バンコク)に行きタクシーを使うときは、メーターって使ってくれるの?

メーター料金の見方を知ってボッタクリ防止に役に立てて下さい。

高速道路にのりたいタクシー運転手に要注意です。

この記事で分かる内容は?

・タイのタクシーはメーターを使わない?

・タイのタクシーメーター料金の見方を写真付きで説明

・タイのタクシー高速に乗るのは損?

タイのタクシーはメーターを使わない?

タイではタクシーにのる時には注意が必要です。

ボッタクリタクシー、チップを無理やり要求してくるタクシーなど
日本のタクシーでは考えられない事が毎日起きています。

お金だけで済むならいいですが、危ない事件にも発展するので記事をしっかり確認して下さい。

 

1番たちが悪い運転手といえば、

メーターを使わない運転手です。

ではどうすればメーターを使ってくれるのか?

メーターを使わせるための手順

1、良さそうなタクシーを呼ぶ

メーターを使ってくれそうな新しいタクシーを選びましょう。
タイのタクシーはそこらへんの道路に常に走っていますのですぐ見つかります。ボロボロのタクシーだけには絶対にのらないで下さい。ボッタクリ以前に危ない運転をします。

2、タクシーをとめたらドアを開ける

タクシーのドアは自分であけましょう。
運転手によっては窓のみ開けてくる場合があります、
窓を開けてくる運転手はメーターを使わない可能性が大です。

3、ドアを開けたら運転手にまずメーターを使ってと伝える

運転手は英語を少し話せます。

英語で、please use meter ?
でも、meter ok?
でも伝わります。

たまに英語が分からないふりをしてくる最悪な運転手もいます。

タイ語で、メーター ダイ マイ?
と言えば絶対に伝わりますので言ってみましょう。

4、運転手がOKと言えば乗り込みましょう

全員の運転手がOKという事ではありません。
たまに、
NO NO 200バーツ OK?
とか言ってくる人もいますので注意して下さい。

200バーツならいけるとか言ってくる場合は
メーターでいくより3倍くらい高いので損します。

5、メーターを使う事を確認する

最後まで気を抜かないようにして下さい。
メーター使うと言っても使ってくれない運転手もいますのでこれから説明するメーターの見方を写真付きで説明します。

その前に、タクシーのメーターを使わない運転手がなぜいるのだと思いますか?

もちろんお金をたくさん稼ぎたいからです。

では、タイ人運転手は、現地のタイ人に対してもメーターを使わないというのでしょうか?

もちろん言いません。

メーターは使わないよって言う相手は決まっています。

どんなお客さんがカモなの?

・あきらかにタイ人じゃない欧米や日本人

・買い物袋を持っている客

・繁華街の近くいる客

・観光客がたくさん集まるお寺付近の客

・雨の日の買い物客

・酔っ払い客

このなかで一番かもになりやすい人は繁華街付近にいる男性客です。

その次に、女性の買い物客。

買い物袋を持ち歩いている人がタクシーを呼ぶと運転手からカモだと思われてしまいます。

 

私は、普段一人でタクシーに乗る際にはメーターを使ってくれなんて言いません。

タクシーの運転手を見ればすぐ分かるしタイ語が話せるので心配がないのです。

ボッタクリタクシーにカモにされたくなければ、この記事をみて下さい。

タイのタクシーは安全?上手な乗り方と注意点

 

スポンサーリンク

タイのタクシーメーター料金の見方を写真付きで説明

タクシーにのると助手席の後ろにこのような料金表を見る事が出来ます。

左に書いてあるのがキロ数で、右が料金です。

ちょっと分かりにくいですね(-o-)

・タクシーの料金の目安

初乗り料金は、35バーツ

5キロ:57バーツ

10キロ:85バーツ

15キロ:117バーツ

時速6キロ以下の走行では1分あたり2バーツ加算されていきます。

 

では、タイのタクシーメーターはどうなっているのでしょうか?

これは私が実際にのって後ろでこっそり撮った時の写真です。

この時、バンコクの市内を走っていて少し渋滞していました。高速道路にはのっていません。

24と書いてあるのが24分経過していますという意味です。

9.7と書いてあるのが9.7キロ走っているという意味です。

99とかいてあるのが料金で99バーツ(300円)です。

 

まず、1番最初に確認して頂きたいのが

メーターを使うかどうかを確認する事です。

写真にあるメータースイッチボタンを押したらメーターが動き出します。

ドライバーが、左から2番目にある小さいボタンを押す事をまず最初に確認しましょう。

 

確認したらもう一つ確認する事があります。

それは、メーターを改造したタクシーたまーにいます。メーターを改造したタクシーにのると

メーター料金の上がり方がバンバンあがっていきます。

普段のっている人ならすぐ気付くはずですが初めて乗る方は気付かないと思うので、

時間と距離と料金を確認して下さい。

・距離で確認するのであれば

10キロ走って約100バーツと覚えておいて下さい。

 

・時間で確認するのであれば

高速でバンバン走ってる状態でない限り、

だいたい30分くらい走ったら100バーツ前後なんだと思っても構いません。

 

タイのタクシー高速に乗るのは損?

タクシーのメーターもしっかり確認したし、もう大丈夫。

ウトウト車内で眠ろうとしていたら、いきなり

「高速道路のっていいのか?」

と聞いてくる運転手もいます。

高速道路に乗れば早く着く。このままいけば渋滞がひどいんだと

そんな運転手は結構います。

ただ、買い物や観光、寺巡りをバンコク市内でする場合

ほとんど高速道路を使うメリットはありません。

だってほとんどの場所は下道でいけるんだもん<(`^´)>

高速道路にのる場合は、例えば

パタヤビーチに行くとか、市外に行くとかしかメリットはありません。

高速代はバンコク市内が一番高いです。

一回乗ったら30バーツ~100バーツする料金所も存在します。

私のように場所を把握している人間なら渋滞だからしかたないと判断できればいいのですが、

そうでない観光で初めて来た人が高速にのってしまうのとたいていの場合

高速道路にのったと思ったらすぐに下りてしまうのがオチで損をします。

高速道路のりたいと言ってきたときには断るといいでしょうが、

たかが100バーツ(300円程度)なら別に払ってもいいと思う人はのってもいいかもしれませんね。

さいごに

日本と違いタイのタクシーは乗り方も料金もまったく異なります。

ボッタクリタクシーに乗ってしまうと金だけではなくたいへんな事件にも発展しかねませんので

しっかり記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク





-移動
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ 女性 タクシー,タイ タクシー 安全,タイ タクシー 伝え方

深夜タイのタクシーに女性が乗る危険性とは?安全に乗るには?行き先の伝え方について

タイって治安があまり良くないって聞いた事があるけど、 女性が深夜タイのバンコクでタクシーに乗っても平気? この記事を見れば、 どんな事に注意して、どんな対策をとれば 安全にホテルまで送ってもらう事がで…

続きを読む

タイ 女性 タクシー,タイ タクシー 安全,タイ タクシー 伝え方

タイのタクシーはタバコは吸っていい?禁止事項と禁止マークの意味を紹介

バンコクでよく見かけるタクシーの中はたばこは吸っても平気なのか? 車内での禁止事項やあのわけわかんない禁止マークって? そんな疑問に答える記事になっています。 この記事で分かる内容は? ・タイのタクシ…

続きを読む

タイ 電車 飲食,タイ 電車 マナー,タイ 電車 検査

タイの電車で飲食がマナー違反か試してみた!荷物検査をスルーする裏ワザ

タイで電車に乗る時のマナーを知りたい。 何かとルールがユルユルなタイでも本当に飲食は禁止何でしょうか? 電車に乗る時のあの荷物検査は毎回毎回荷物を取り出すのがめんどくさい。 だったら裏ワザで荷物検査を…

続きを読む

タイ トゥクトゥク 料金,タイ トゥクトゥク 交渉,タイ トゥクトゥク チップ

タイのトゥクトゥク料金の相場は?交渉する時の注意点とチップの必要性について

タイのかっこいい乗り物といえば、トゥクトゥクですが 料金ってどうやって決めるのか疑問ですよね? 相場やチップをあげる必要はあるのかを説明していきます。 ★記事で分かる内容は? ・タイのトゥクトゥク料金…

続きを読む

バンコク 渋滞 原因,バンコク 渋滞 対策

バンコクの渋滞は隠された8つの原因で引き起こる!対策方法とは?

タイバンコクはなぜこんなにも渋滞がひどいのか? そこには誰も予想できない隠された原因があったのです。 原因から分かる対策方法を紹介します。 ★記事で分かる内容は? ・バンコクの渋滞は隠された8つの原因…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事