買い物

タイの買い物で安く済ませるならここ!値切りが効くかは会話次第?

投稿日:2018年6月12日 更新日:

タイ、バンコクでお土産などの買い物をなるべく安く済ませたい方へ。

安い場所と値切りはどうやるのか?

会話って何語で話せばいいのかを紹介するタイ初心者向けの記事です。

★記事で分かる内容は?

・タイの買い物で安く済ませるならここ!

・値切りが効くかは会話次第?

・タイの買い物で使う会話は何語?

スポンサーリンク

タイの買い物で安く済ませるならここ!

タイの楽しみの一つ買い物ですが

物価が日本より安いので

なるべくたくさんの物を安く買いたいと思いますよね。

タイでは、お土産や買い物ができる場所は決まっていて

☆買い物ができる場所

・マーケット

・露店(繁華街付近にあるお店)

・ショッピングセンター

・専門店(ナラヤ、ジムトンプソンなど)

 

このうち安く買い物ができる場所は、

・マーケット

・ショッピングセンター

ですので、露店と専門店では安く買えません。

品質がいいのは専門店

珍しい物が売っているお店は露店にあります。

マーケットは、主に3つあり

・ウェークエンドマーケット

・アジアンティーク

・ナイトマーケット

があります。

どれも魅力的で安い場所ですが、この中でも特に安く買い物ができる場所は、

ウェークエンドマーケットです。

ウェークエンドマーケット

最寄りの駅・・・MRTカンペーンペット駅

アクセス方法・・・カンペーンペット駅2番出口をでたらすぐ目の前です。

時間・・・10時~22時まで

営業日・・・基本は土日。金曜日はお店が少なめ

土日しかやっていないので平日に行かれるのであれば
ナイトマーケットに行ってみて下さい。
値段はウェークエンドマーケットとそんなに変わりはありません。
少し高いですが、品質は良い物が売っているという場所です。

・ショッピングセンター

バンコクにあるショッピングセンターはたくさんありすぎて全て紹介はできませんが、

主に

・MBK

・セントラル系列

・サイアムパラゴン

・エンポリアム

・BIG C EXTRA

このうち、ダントツに安いのが

・MBK

・BIG C

サイアムパラゴン、エンポリアムは高級デパートで

駐在員の奥様がたがよく行かれる所です。

私みたな現地採用者はおそれおおくていけません(^o^)丿

MBK

最寄りの駅・・・BTSサナームキラーヘンチャート(National Stadium)駅

場所・・・最寄り駅4番出口を出てTOKYUデパートに入りMBKに行けます。

時間・・・10時~22時まで

営業日・・・年中無休

ここは、電化製品、洋服、お土産、なんでも売っています。
初めてタイに観光に来る方のほとんどの人がここに訪れるくらい
タイの文化に触れられると言ってもいいくらい面白い場所です。

・BIG C EXTRA

最寄りの駅・・・タイカルチャーセンター

場所・・・最寄駅4番出口から徒歩5分

時間・・・10時~20時まで

営業日・・・年中無休

ここの場所はタイ人もよく買い物でくる庶民的なショッピングセンターです。
日本でいう、高品質がうたい文句の「OK」みたいなお店です。

実は、ここあまり知られていませんがお土産屋コーナーもありますし
タイで有名なナッツ系、お菓子系が1番安く買える場所なんです。

私の妹は、こういった庶民的なお店で日本にはないフルーツを見たり

マカデミアンナッツやクルミなどを大量に買っていました。

 

男性なら女性のためのお土産、女性なら自分のために。

タイで、女性から圧倒的支持を集めているこの

タイ限定バックDean and Deluca(ディーンアンドデルーカ)は超おすすめです。

詳しくはこちらで紹介しています。

タイのお土産で女性に喜ばれるものは何?場所と値段を紹介

値切りが効くかは会話次第?

タイでは、値切りができる場所が決まっています。

先ほど紹介した、

・マーケット

・露店

・ショッピングセンター

・専門店

のうち、値引きが可能な場所は

・マーケット

・露店

ショッピングセンターで値引きしている人はいませんので注意して下さい。

マーケットで値引きをするには会話をして交渉します。
値札に値段が書いてあっても、値引きする事は可能です。

ただ、このように最初から何個買えばいくらと表示されているお店での値段交渉はできません。

しかし、あまりがめつく値引きすると嫌がられますので

会話が重要になってきます。

 

値引きするまでの流れ

「これいくらですか」

店員「100Bです」

「安くできますか?」

店員「できません」

「少し考えるフリする・・・」

「5個同じ物買ったらいくらですか?」

100×5=500B

店員「450Bでどうですか?」

「350Bでお願いします」

店員「無理ですよそれは」

「じゃー帰ります」

店員「ちょっとちょっと、400Bでどうだ?」

・・・「Okです」

こんな感じの流れが基本スタイルです。

大事なのは、

多く買う事を最初に相手に知らせる事

値段に納得がいかないフリをして帰るフリをする事です。

スポンサーリンク

タイの買い物で使う会話は何語?

タイ人は、英語を話す事が苦手なので、もちろんお土産屋さんの
店員も苦手なので、英語が話せる場所って限られています。

・マーケット

ウェークエンドマーケット・・・○

アジアンティーク・・・◎

ナイトマーケット・・・△

・ショッピングセンター

MBK・・・◎

セントラル系列・・・◎

サイアムパラゴン・・・◎

エンポリアム・・・◎

BIG C EXTRA・・・×

・露店・・・◎

・専門店・・・○

マーケットや、MBKなどの人気な場所では、

普段の買い物客のほとんどが外人なので

英語を流暢に話せるタイ人がたくさんいます。

BIG Cなどの庶民的な場所はタイ語しか話せませんので注意してくださいね。

高級デパートでは、英語を話せるタイ人がたくさんいますし
マネージャークラスの人は英語が堪能です。

さいごに

物価が安いタイだから安い場所に目がうつりますが、

今回紹介できなかった露店や専門店にも良いお土産や買いもができるのでぜひトライしてみて下さい。

 

スポンサーリンク





-買い物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バンコク 子供 お土産,バンコク 子供服,バンコク お土産 お菓子

バンコクで子供が喜ぶお土産は何がある?服やお菓子を安く買える場所を紹介

タイで買える子供が喜びそうなお土産やおもちゃって何なんだろう? ついでに子供服もお菓子も買いたいと思っている方へ この記事を見たら、 すぐに見つけ出す事ができますので参考にしてみてください。 ★記事で…

続きを読む

タイ ヤードム どこで,タイ ヤードム 値段,タイ ヤードム 人気

タイにあるヤードムはどこで売ってる?値段が安い場所と人気商品は?

タイ旅行のお土産ランキングの中でも、常に上位をキープしている、大人気なヤードムは一体どこに売っているのでしょうか? 値段の相場や、人気な種類をご紹介します。 一番安いヤードムがある場所は○○にあったん…

続きを読む

ターミナル21 行き方,ターミナル21 タイ料理

電車でターミナル21までの行き方は?おすすめフードコートメニューと使い方

タイバンコクにあるターミナル21の行き方を電車でどういったらいいのか分かりませんよね? でも、大丈夫。改札を降りてからの詳しい行き方を分かりやすく紹介しています。 さらにターミナル21の中に入っている…

続きを読む

バンコク ウィークエンドマーケット 営業時間,バンコク ウィークエンドマーケット 金曜日,バンコク ウィークエンドマーケット 行き方

バンコクのウィークエンドマーケットの営業時間は?金曜日は空いてる?行き方も説明

ウィークエンドマーケットはネットで公表している時間とは違います。 地元に住んでいるからこそ分かる本当の営業時間と オープンしている曜日も紹介します。 ★記事で分かる内容は? ・ウィークエンドマーケット…

続きを読む

タイパンツ レディース かわいい,タイパンツ レディース 現地,タイパンツ レディース コーディネート

かわいいレディースタイパンツ5選!現地で買うならここ!コーディネートも紹介

バンコクで買える、めちゃくちゃかわいいタイパンツを紹介します。 現地で買うから安くて素材も良い。 コーデに困ったら、現地で買える物でかわいさマックス! ・かわいいレディースタパンツ5選! ・レディース…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事