旅行

格安アユタヤツアーの闇!リアルな感想と自力で行くメリット知れば後悔しない

投稿日:

タイ 寺院 ジーンズ.タイ 寺院 靴,タイ 寺院 マナー

これからアユタヤツアーに申し込もうと思っている方
ちょっと待った!

本当に大丈夫?
格安にはそれなりの理由が存在します。

あえて参加したリアル体験を紹介し、
ツアーで行くメリットやデメリットなどを紹介します。

最終的の判断はこれを読んでからでも遅くない?

★記事で分かる内容は?

・もう騙されないで!格安アユタヤツアーの闇に迫る

・アユタヤツアーに参加したリアルな感想

・アユタヤツアー自力で行ってみて分かるメリットとは?

スポンサーリンク

もう騙されないで!格安アユタヤツアーの闇に迫る

アユタヤツアーに限らず、タイの格安ツアー会社は
一見、日本人が管理し日本人が同席するツアーのように見えますが、残念ながら違います。

格安ツアーには日本人なんて1人もいないし、タイ人のドライバーも
仕事に責任がない人達ばっかです。

もちろんそうでない人もいますので一概には言えませんが

全体的に言うとやっぱりダメ。

 

タイに5年以上住んでいるからこそ分かる

そんなアユタヤツアーのメリット、デメリットを紹介します!

・アユタヤに着くまでが地獄?

個人で行くならいろんな交通手段が選択できますが、
ツアーとなると、決められた車で行かなくてはいけません。
その車は、これ

シーチャン島

ハイエースで、11人乗りは地獄です。

荷物を置くスペースなんて無い

車内の冷房はガンガンで寒い

トイレ休憩は無い

背もたれは倒せない

ドライバーも超適当

運転手は、もちろんタイ人です。
しかも運転が雑で、寝れる瞬間が一度もないくらい
スリルドライブを味わう事になるでしょう。

あまり言いたくはありませんが、
タイ人運転手の居眠りで、日本人客が死亡した事故も後を絶ちません。
なので、超絶危険な乗り物だと思って

乗る際には必ずシートベルトは着用して下さい。

特に帰りの運転は危険です。

なぜかというと、運転手は一刻も早く市内に着いて仕事を終わらせたいからなんです。

・実は格安でもない

「格安ツアーで、なんと1日観光でたったの5000円!!」

なんてうたっているツアー会社もありますが、

実は格安でもなんでもありません。

個人で行くと、たったの1200円ですみます。

ほんとに?って思う方はこちらを見て下さい。

個人でアユタヤの象に乗るには?行き方やツアーとの料金差、観光スポットを紹介

・交通費・・・往復30バーツ(電車)

・レンタルバイク・・・1日300バーツ

・食事・・・タイ料理一食50バーツ

1200円。嘘かほんとかは、記事を見れば分かります。

食事は普通

決められた安いレストランで食事をさせられますので、決しておいしくありません。

個人で行けばおいしいレストランを見つける事ができるし好きなタイ料理を食べる事ができます。

しかも一食40バーツ~50バーツ(150円ほど)

メリットは?

・安心感がある

タイ旅行が初めてで1人の場合などは正直、ツアーを使って行った方が手っ取り早いかもしれませんね。

 

・日本語で説明してくれる

決して流暢な日本語が話せるタイ人ガイドとは言えませんが、

なんとなく歴史や文化などが日本語で説明してくれます。

アユタヤツアーに参加したリアルな感想

実際にどんなツアーなのか、車を持っている私があえてツアーに参加しました。

参加してツアー会社はここでは言えませんが、

案の定日本人はいないタイ人の適当な運転手に出会いました。

車内は、くっそ狭いのでアユタヤまでの2時間ひたすら我慢していました。

 

ツアーの料金は約5000円で、まわれる箇所は6箇所

バンパイン宮殿 (30分)

ワット・ロカヤスタ (20分)

ワット・ヤイチャイモンコン (35分)

ワット・マハタート (30分)

ワット・プラシーサンペット (15分)

象乗り場(自由行動) (30分)

 

食事は、なぜか結構オシャレなレストランでブッフェがでて正直良かったですヽ(^。^)ノ

で、正直な感想は・・・疲れた。

有名どころに行けるのはありがたいと思いますが、そこでの滞在時間が短いし

時間が押し寄せてる感じがハンパではなく、次へ次へと案内させられるので

ゆっくり遺跡などを見たい、写真を撮りたいという人には向かないと思います。

だって、こんなものすごい王様のお墓を30分で楽しめって・・・

はっきり言って無理!

もっといろんな角度からの写真を撮りたいし、いろいろ見たいところですが

ツアーでは、時間が決まっているので時間通りに次に進まなくてはいけません。

あと、1つ残念な事が・・・

お寺に連れて行きすぎ。

 

「ワット」とは、お寺という意味で、今回行った場所のほとんどがお寺観光。

バンパイン宮殿 (30分)

ワット・ロカヤスタ (20分)

ワット・ヤイチャイモンコン (35分)

ワット・マハタート (30分)

ワット・プラシーサンペット (15分)

象乗り場(自由行動) (30分)

 

ほぼお寺やないかい(-_-メ)

 

お寺マニアの人は最高に気持ちいと思いますが、お寺に興味を持っている人なんて少ないと思いますので

私はもうちょっと、お寺を少なくしても良かったのかなって思います。

でも、考えてみたらアユタヤってお寺しかないんですけどね(^_^)

スポンサーリンク

アユタヤツアー自力で行ってみて分かるメリットとは?

個人で行くと、まず移動手段が選べます。

バス、電車、タクシー。

その中でも一番おすすめは、電車。

片道50円でバンコク市内からアユタヤ駅まで行けます。

そして、レンタルバイクやトゥクトゥク、船でアユタヤを廻れ

好きなだけ観光でき、好きな時間を写真を撮ったりと時間を費やす事ができます。

 

例えば、アユタヤでしか見れないトゥクトゥクに乗れたり

アユタヤ観光は個人がお得?,アユタヤの現地ツアーにおすすめ,アユタヤの観光でかかる予算は?

遺跡とお花を撮ったり

ツアーでは行けない、真っ白い塔の「ワット プー カオ トーン」に行けたり

その辺を通って見つけた果物屋さん

お隣のアントーン県の「グレードブッタ」

個人で行くといろんな経験ができ、とってもいい思い出ができます。

え~個人なんてこわ~い

って思うかもしれませんが、実は以外と簡単にできちゃうもんです。

ネットでも行き方は書いてありますし、さきほど紹介した記事にも

どうすればアユタヤを観光できるのかを書いていますので、せっかくタイに来たんだからツアーを使わずに楽しみを自分で作った方が良いと思いますよ。

さいごに

アユタヤツアーで一番恐ろしいのが、行き帰りの車の中。

凍えてしまいそうな車内で、乱暴な運転をされ、トイレを我慢していたら

あ~個人の方がよかったなって後悔しますよ(^_^)

だったら、安くて楽しい個人でアユタヤをまわりましょう。

スポンサーリンク





-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

プーケット 雨季 遊泳禁止,プーケット 雨季 透明度,プーケット 雨季 いつ

プーケットの雨季は遊泳禁止って本当?透明度はいつ回復するの?

雨季の時期にプーケット行くと、 遊泳禁止で泳げないと書いてあるけど本当? 実際に行って来て見てきてリアルな海の姿を写真で撮ってきたので これからプーケットに行かれる人は参考にしてみて下さいね。 ビーチ…

続きを読む

ワットプラケオ 帰り方,ワットプラケオ タクシー

ワットプラケオの入場料は他の寺より高い?行くべきでない5つの根拠

この間、ワットプラケオに行ってきたので ネットに書いてある、 感想や口コミが正しいのかを正直に書いていきます。 ワットプラケオの拝観料はいくらするの? タイにはたくさんお寺がありますが、 やっぱり王宮…

続きを読む

タイ 観光 つまらない,タイ 観光 おすすめ,タイ 観光 何泊

タイのつまらない観光スポット5つ紹介!本当のおすすめを知れば何泊にするか決めれる!

絶対に外せ! 見るだけ時間の無駄な観光スポットとは? 本当におすすめな場所と滞在日数を紹介! ★記事で分かる内容は? ・タイのつまらない観光場所は? ・本当におもしろいタイおすすめ観光スポットはどこ?…

続きを読む

タイ旅行 必須,タイ旅行 持ち物

タイ旅行に必須な物はたったの3つ!無駄な持ち物リストを紹介

タイ旅行に行くなら無駄な持ち物は、極力持って行かない方が 身も軽くなるしお土産もたくさん買って帰れますよね? そこで、必要最低限 何を持って行けばいいのかを紹介します。 今回の内容は、 ・タイ旅行に必…

続きを読む

タイ 旅行 費用,タイ 旅行 持ち物,タイ 旅行 時期

タイ旅行1週間の費用を8万円に抑える方法は?必要な持ち物とべストな時期について

なるべく安くタイ旅行に行きたいと考えている方へ。 なるべくと言わず最強に安くすませる方法を紹介します。 1日でかかる予算の目安を徹底解説! 必要な持ち物と、行く時期についても説明します。 ★記事で分か…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事