移動

タクシーでドンムアン空港から市内までの所要時間と料金はいくら?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

ドンムアン空港でタクシーを拾って、バンコク市内まで行きたい方へ

行き先の伝え方と注意点。

市内まではどれくらい時間がかかって
いくら払えばいいのか?

高速は乗るの?乗りたくない場合は?など
詳しく説明していきます。

★記事で分かる内容は?

・タクシー乗り場と目的地の伝え方

・空港から市内までどれくらいかかる?

・市内までのタクシー料金は?

スポンサーリンク

ドンムアン空港にあるタクシー乗り場と行き先の伝え方

タイの国際空港は2つ

ドンムアン空港、スワンナプーム空港

ドンムアン空港はそこまで大きくないので、
タクシー乗り場はすぐに見つかります。

まず、入国審査を受け荷物を受け取ったら出口を出て左に曲がって下さい。左に曲がったら8番出口方面へ真っ直ぐ向って下さい。

2分くらい歩くと、目の前にタクシー乗り場があります。

 

タクシー乗り場まで気をつける事!

タクシーのり場へ向かう途中、
「タクシー、タクシー、where are you go?」
と変な英語で声をかけてくるタイ人男性が現れます。これはいわゆる
ぼったくりタクシーという奴なので無視してタクシー乗り場へ直行して下さいね。

行き先の伝え方

タクシー乗り場には、受付の人がいて順番がくると、まずこう聞かれます。

Where are you going ?

行き先を伝えると、運転手が来て身分証明書や車のナンバーなどを受付の人に渡します。これでもう悪さはできないので安心です。

この受付の人は、多少英語が通じるので英語詳しい場所を伝えても通じます。

場所の伝え方は、有名なホテルなら分かってくれますが
ホテル名を言っても伝わらない場合は、

・大きい通りの名前と小道の番号

・駅が近くにある場合は駅名

を伝えましょう。

 

あらかじめ自分が泊まるホテルの住所を把握しておいて下さいね。

大きい通りとはスクンビット通りやラッチャダ通りなどを言います。

小さい通りは、ソイ○○と数字を言いましょう。

運転手は英語が苦手?

タクシードライバーは英語が話せない人がほとんどです。
受付の人が運転手に行き先を伝えますが、タイ人の運転手は超適当なので
目的地を分かってるふりして実は分かっていないなんて事はよくある話です。

その場合は嫌でもタイ語で行き先を伝えなくてはいけません。

そんな時は、あらかじめスクリーンショットで、行き先のアドレスや地図を撮っておくと良いかもしれませんね。

タクシーでドンムアン空港から市内までの所要時間は?

ドンムアン空港は市内まで、そんなに離れていません。

ただ、渋滞に巻き込まれたらどれくらい時間がかかるのか分からないので、

渋滞する時間を知っておきましょう。

ドンムアン空港 タクシー 所要時間,ドンムアン空港 市内 タクシー,ドンムアン空港 タクシー 料金

渋滞がひどい時間帯は、

夕方の17時~19時。

月曜日の朝7時〜9時。

特に金曜の夜は渋滞がエグイので覚悟いておいて下さい。

深夜や早朝に着いても空港にいるタクシーは24時間営業なので乗れない事はないでしょう。

渋滞してないなら20分~40分

空いてる時間なら、20分~30分もあれば市内まで余裕で着けます。

ウィークエンドマーケットと呼ばれるチャトチャック近辺に泊まるという方は、

20分もあれば着くのでとても便利です。

私の家もその場所で、毎日車でドンムアン空港近くまで通勤していたので確かです。

スクンビット方面は30分~40分くらいかかります。

カオサン通りは少し離れているので、40分以上かかると思っておいてください。

あくまで、スムーズに行けたらの話で渋滞にハマれば、どれくらい時間がかかるかは未知数です。

私は過去に20分で着ける場所を、大渋滞にハマり2時間かかった事もありました。

スポンサーリンク

タクシーでドンムアン空港から市内までの料金は?

タクシーの初乗り料金は、35バーツ。

ドンムアン空港でタクシーを利用する場合は

空港手数料として、プラス50バーツ取られます。

50バーツはメーターに表示されませんので、目的地に着いて、メーターに表示されている料金+50バーツ払うと思って下さい。

時間は、約30分くらいのったとして

市内まで、約150バーツ程度ですみます。

深夜料金などの割増料金はありません。

チップは、荷物が多い場合。

運転が丁寧な場合のみ私は20バーツほど渡します。

高速料金に要注意!

ドンムアン空港から市内まで高速に乗る必要はまったくありませんが、

タクシー運転手によっては高速に乗りたがる人がいます。

そういう時は、頑固としてダメだと言ってください。

というのも、ドンムアン空港エリアにある高速の料金はタイの中でも1番高いんです。

場所によりますが、100バーツほどかかります。もちろん高速代は負担です。

300円で高速乗れるから良いじゃんって思うかもしれませんが、
私はタイの物価に慣れてしまっているので100バーツあれば
タイ料理をたらふく食べた方がいいなって思っちゃいますので
高速道路は乗りません。

両替はいくらしとけばいいの?

ドンムアン空港にある両替所はレートが悪いので、市内についてレートが良い場所で両替したほうが損をしなくてすみます。

タクシー代は、多く見積もって300バーツ。

その日のご飯代や飲み代合わせて1人1000バーツ(3000円分)もあれば十分バーツは足りるでしょう。

両替が一番良い場所は「タニヤスピリット」というタニヤ通りにある両替所です。

この近くにはお土産屋さん、飲み屋(男性が好きな)が数多くありますので、
1度は行ってみた方がいいかと思います。

タニヤスピリットへの行き方はこちら

ここの近くのお土産屋の情報はこちらでチェックしてみて下さい。

女性に大人気な、タイ限定バックDean and Deluca(ディーンアンドデルーカ)

石鹸、ナラヤ、ジムトンプソンなど紹介しています。

タイのお土産で女性に喜ばれるものは何?場所と値段を紹介

さいごに

空港で利用するタクシー運転手は、最初から身分が分かりますし

むちゃな運転やぼったくる事はまずないと思いますが、

日本と違って何が起こるのか分からないのがタイなので気をつけて下さいね。

スポンサーリンク





-移動
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ トゥクトゥク 料金,タイ トゥクトゥク 交渉,タイ トゥクトゥク チップ

タイのトゥクトゥク料金の相場は?交渉する時の注意点とチップの必要性について

タイのかっこいい乗り物といえば、トゥクトゥクですが 料金ってどうやって決めるのか疑問ですよね? 相場やチップをあげる必要はあるのかを説明していきます。 ★記事で分かる内容は? ・タイのトゥクトゥク料金…

続きを読む

タイ ホテル タクシー,タクシー 手配 タイ,タイ ホテル タクシー チップ

タイのタクシー金額っていくら?上手な捕まえ方とマナーについて

タイのタクシー初挑戦の方へ。 初乗り料金、メーターのみかたなど 初めてでも安心して乗れる方方法を紹介します。 乗った後のマナーは日本とだいぶ考え方が違うので注意が必要です。 ★記事で分かる内容は? ・…

続きを読む

タイ タクシー 見分け方,タイ タクシー 運転手,タイ タクシー 対策

タイで安全なタクシーの見分け方は簡単!ぼったくり運転手の共通点を知れば対策万全

タイバンコクで安全にタクシーを利用したいと思っている方。 ぼったくりタクシー運転手の共通点を探すだけで安心して乗れます。 この記事を見れば、ぼったくりタクシーの見分け方と遭遇しない方法を知れます。 ★…

続きを読む

カオサン通り 営業時間,カオサン通り 屋台,カオサン通り 飲み屋

バンコクの空港からスクンビットまでタクシー料金は?時間は?高速代って必要?

タイのバンコクの空港(スワンナプーム)から スクンビット通りまでのタクシー料金はいくらくらいかかるのか? 所要時間は何分程度かかって、高速代っていくら?そもそも、高速のる必要があるのか? ぼったくり運…

続きを読む

バンコク 渋滞 原因,バンコク 渋滞 対策

バンコクの渋滞は隠された8つの原因で引き起こる!対策方法とは?

タイバンコクはなぜこんなにも渋滞がひどいのか? そこには誰も予想できない隠された原因があったのです。 原因から分かる対策方法を紹介します。 ★記事で分かる内容は? ・バンコクの渋滞は隠された8つの原因…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事