旅行

タイ観光中にトイレの場所を探すのは困難?使い方と紙の必要性について

投稿日:2018年9月20日 更新日:

タイで観光している人が、トイレに行きたくなった時にあれ?なんか、日本に比べてトイレって少なくない?

何で駅にトイレってないの?って思い大変苦労する事があります。

トイレがある場所や使い方について詳しく書いていますのでぜひ参考にしてください。

タイのトイレ事情をご紹介致します。

スポンサーリンク

タイでトイレの場所を探すには?

日本なら、コンビニや駅では必ずトイレがありトイレを見けられなれなくて、困ったなんて事はほとんど無いと思います。

しかし、タイのトレイ事情は日本のように便利ではありません。

どこにトイレがあるのかをちゃんと把握する必要があります。

これからどんな場所にトイレがあるのかを紹介したいと思います。

・デパート編

まず、トイレがないと困ったらデパートに行って下さい。

道を歩いて見つけやすいし駅の近くにあるのでとても便利できれいなトイレが使えます。

メジャーな駅には大抵デパートがありますので参考にして下さい。

・駅の名前     ・デパートの名前

アソーク駅        ターミナル21
サイアム駅        サイアムパラゴン
プロンポン駅       エンポリアム エムクォーティエ
エカマイ         ゲートウェイエカマイ
ナショナルスタジアム駅  MBK
チッドロム駅       セントラルチッドロム又はアマリンプラザ
サラデーン駅       シーロムコンプレックス
ラマ9駅         セントラルラマ9
パホーンヨーティーン駅  セントラルラップラオ又はユニオンモール
タイカルチャーセンター駅 エスプラネ―ド

・ホテル・病院

次に比較的見つけやすいのが、ホテルや病院です。
ホテルなら、駅の近くにたくさんありますし、病院も道を歩いているとたまに見かけます。

ホテルや病院のトイレはとても清潔なので、見つけたら積極的に使わせて頂きたいところですね。

・マッサージ屋・ガソリンスタンド

そこらへん歩いていたらすぐに見つかるのがガソリンスタンドやマッサージ。

決して奇麗なトイレとは言えないですが緊急事態では文句を言っていられません。

マッサージにあるトイレはお店に入って店員さんに一声かけて下さい。

ガソスタは勝手に使ってOKです。

・公園

バンコクの公園は自転車が快適?,バンコクの公園でレンタサイクルが借りれる場所は,バンコクの公園は子供に大人気

公園自体の数は少なく、見つける機会はあまりないと思いますが、

・ルンピに公園

・チャットチャック公園

大きい公園は必ずトイレが設置してあります。

・電車に乗っている時の緊急事態は、駅員専用トイレが使える?

冒頭で、駅にはトイレはないと言いましたが、実は駅員専用トイレがあります。

ただ、普段は解放していませんので緊急事態の時は駅員さんに頼んで、トイレを借りましょう。

私も、アソーク駅の従業員専用トイレを使わせて頂いた事があります。

緊急の場合の使える簡単タイ語
「トイレは、どこですか?」 = 「ホーンナーム(トイレ)  ティナイ?(どこ?)
「トイレに、行きたいです」 =「ジャ(したい)パイ(行く)ホーンナーム(トイレ)
「ティシュ、ありますか?」 =「グラダー(紙)ミー(ある)マイ?(疑問)?」

 

タイには有料トレイが存在する?

タイでは、有料のトイレもたびたび見かけます。

・MBK

・JJマーケット

・島

3バーツくらい払うと入れます。
ティッシュペーパーも買わなくてはなりません、
有料トイレだからきれいなんて事はなくむしろ汚いです。

スポンサーリンク

タイのトイレの使い方

まず、タイのトイレは大まかに2種類あります。
一つ目は、デパートやホテルに設置してあるトイレです。

タイのトイレの使い方

写真で分かるように、日本と違うところが白いホースがありますよね。
これは、いったい何?と思うかもしれませんが
これは、日本のウォシュレットの手動式と考えて下さい。
手で持つと分かりますが、レバーみたいなものがありますので
押すと水がでます。
フルに押すと結構水圧が強い場合もありますので注意して下さい。

<使い方の説明>
右手でホースを掴み、レバーを押してお尻めがけて水を出す。
そして、左手でふき取る。ティッシュが備え付けてる場合は、
ティッシュを使ってもいいでしょう。

左手は不浄と昔から言われてきてますので
握手なんかは、右手を使いましょう。

挨拶は、手を合わせて合掌すればいいだけですので
わざわざヨーロッパ人みたいに握手する必要はないです。

そして、もう一つの古いバージョンのトイレです。

これは、ガソリンスタンドやお寺さんの中に多く見かけられます。

タイのトイレの使い方

基本は、便器の横に水が溜めてあります。
桶も備え付けてあります。100円ショップであるような感じですよね。

使い方は、用を足したら桶を使い水をくんで数回ほど流しこんで下さい。
奇麗になったら次は、先ほど説明した通り右手で桶を掴み
お尻めがけて水をかけて左手で拭く。以上(^o^)

これが、やってみると結構難しいです。
少し抵抗があると思いますが、国によってトイレ事情が変わるので
その国のルールを守りましょう。

タイのトレイは紙を流せるの?

今、デパートやホテルのトイレ
に行けばティッシュペーパーは必ず備え付けてあります。
なので、使用することは特に問題ありませんが、
基本は、あの白いホースを使用して下さい。

ティッシュペーパーは、最後に残った水を拭くだけ
という意味である事を理解して下さい。

実は、タイの水道配管は日本と違い小さいです。それに、水圧が弱いので
大量にティッシュを使用して流してしまうとすぐ詰まってしまいます。

ホテルなどで、宿泊する際は注意して下さい。
あくまで、ティッシュは、残った水をふき取るためにある
という認識でいて下さい。

古いバージョンのトイレも同様です。
ティッシュペーパーなどは基本ついていません。
もし、ポケットティッシュがあって使いたい場合は
大量に使用しなければ流れますので大丈夫です。

まとめ

タイでトイレを探す際は、まず大きな建物には基本トイレはありますので入りましょう。
デパート、ホテル、ガソリンスタンドは見つかりやすいと思います。

白いホースか桶の水を利用してティッシュペーパーは
お尻についた水をふき取るために使用し、
多量に使用するのは避けてましょう。
その国にはその国のルールがあり、私たちとは違う文化があります。
それがトイレだとしても同じです。
タイで楽しく観光するためにも
タイの文化を尊重して、トイレは奇麗に使いましょうね。

スポンサーリンク





-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ 両替 方法,タイ 両替 おすすめ,タイ 両替 必要なもの

タイバーツの計算方法!1日いくら必要?損しない両替場所は?

タイ旅行に行っても困らない お金の計算方法や、1日でかかる旅費の目安を紹介。 屋台、お寺の入場料、乗り物などの相場。 レートがバンコクで一番良いと言われている場所を知り なるべき費用を抑えましょう。 …

続きを読む

タイ旅行の安い時期はいつ?チケットとホテル代の費用を最安値で紹介!

タイ旅行に行ってみたいけど費用は安くすませたいという方へ。 どれくらいの航空券やホテル代がかかるのかを紹介していきます。 最も安い航空券やホテルなども紹介していきます。 ★記事で分かる内容は? ・タイ…

続きを読む

タイ旅行 手ぶら,タイ旅行 いるもの,タイ旅行 あると便利

タイ旅行に手ぶらで行って分かった本当にいるものと、あると便利なものとは?

タイ旅行に持っていく、本当に必要なものって何なんでしょう? 海外だからいろいろ準備しておかなくちゃと思い、荷物を詰め込む気持ちは分かりますが 不必要な物を持って行っても荷物になるだけでなんのメリットも…

続きを読む

ワットプラケオ 帰り方,ワットプラケオ タクシー

ワットプラケオの入場料は他の寺より高い?行くべきでない5つの根拠

この間、ワットプラケオに行ってきたので ネットに書いてある、 感想や口コミが正しいのかを正直に書いていきます。 ワットプラケオの拝観料はいくらするの? タイにはたくさんお寺がありますが、 やっぱり王宮…

続きを読む

タイ 穴場 ビーチ

タイの静かなプライベート穴場ビーチ5選!まるで無人島

パタヤ?サメット島?プーケット? そんなパリピが集まるビーチは一切紹介しない! 本当に静かでゆっくりできる秘境中の秘境ビーチを紹介します。 行ってきたからこそ自信を持って紹介します。 意外と誰も知らな…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事