旅行

夜のバンコク人気観光スポット7選!本当の楽しみ方とタクシーに乗る時の注意点

投稿日:

眠らない街バンコクと呼ばれるだけあって、夜に遊べる観光スポットは多く存在します。

その中でもおすすめでみんなに人気な楽しみ方を公開。

移動で欠かせない夜タクシーに乗る時の注意点などを混ぜながら紹介していきます。

★記事で分かる内容は?

・夜のバンコク人気観光スポット7選!

・プロが教える本当の楽しみ方を伝授

・夜にタクシーに乗る時の注意点

スポンサーリンク

夜のバンコク人気観光スポット7選!

タイのバンコクにせっかく来たんだったら

絶対に味わってほしい夜しかできない体験をみなさんに紹介します。

仕事の毎日を送っていた日本での生活が一気に吹っ飛ぶものばかりなので必見ですよ。

・ライトアップしてるお寺

昼間見るお寺とまったく違った神秘的な光景がみれます。
バンコクでライトアップをしてるお寺は、

タイワットアルンとワットポーの本堂

それに王宮やラマ8世橋の橋もライトアップしていてとっても奇麗に見えますのでインスタにアップしている方もたくさんいます。

・チャオプラヤ川クルージング

実は先ほど紹介した、お寺、王宮、橋

全てクルージングで見れます。

ディナークルージングなので、優雅に食事をしながら楽しむ事ができます。
船の中では生演奏でピアノやバイオリン演奏をしてくれる船もあります。


私は、家族が旅行しに来た時にクルージングに連れて行ってあげましたが、最高な体験ができたとすごく喜んでくれました。

料金は、なんと4時間で1人で6000円。

・ルーフトップバー大人の乾杯

バンコクには高層ビルがいくつも並んでいますが、屋上には超高級レストランがあり、食事を楽しみながら夜景を見る事ができます。

もちろん、お酒一杯だけを頼んで夜景を堪能する事もできます。

料金は、ビール1杯1500円ほどしますが見る価値はあります。

おすすめは世界1の高さを誇る「タワー クラブ アット ルブア」

行く際は、ドレスコートしないと入る事ができません。

・パリピ必見!クラブではじけろ

RCA、カオサンなど、バンコクにはたくさんのクラブが立ち並んでいます。

日本と違う、話し声がまったく聞こえない爆音の音と広さには驚きますよ。

クラブの中には、テーブルが置いてありいろんな方とすぐに仲良くできます。
タイ人が多くいるクラブ、外国人が多いクラブなどクラブによって客層が違ってきます。

おすすめは、もちろんバンコクで一番有名で盛り上がる「RCA」

入場料はお店により異なりますが、だいたい1人600円ほどでワンドリンク付いています。

サンダルで行くと入場制限にひっかかりますので気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

・マーケットで買い物

バンコクにはいろんなマーケットがありますが、その中でもおすすめなのが「アジアンティーク」

ここは、チャオプラヤ川のすぐ近くにあり、川をみながら食事ができたりタイのお土産、ニューハーフショー、タイ料理、マンゴタンゴなどもありますので飽きません。

行き方は、BTSのサパンタクシン駅から無料の船がでていますので船で行くとおもしろいですよ。

・コーヒーを飲みながら見る夜景

そこは、セントラルエンバシーにあるコーヒー屋さん。

1杯300円で、バンコクの夜景が一望できる場所にもかかわらず、人がすごく少ない超がつく穴場スポットです。

ぜひ行ってみて下さい。詳しい行き方はこちらで紹介しています。

バンコクのカフェで静かで作業もでき混雑しない場所限定4選!

・日本で味わえないレストランに行く

バンコク 夜 観光スポット,バンコク 夜 楽しみ方,バンコク 夜 タクシー

バンコクには世界一の観光地と呼ばれるほどいろんな国の方達がタイに訪れます。

ドイツ、アメリカ、インド、フランス、韓国、中国料理などなどたくさんの本格的な料理が味わえるのはバンコクの良い所です。

そして、その中でもおすすめなレストランはこちら

・Bei Otto(ベイオットー)

お店の中も外も店員もドイツ一色。

ここでしか食べれないジャーマンソーセージ、種類が豊富なドイツビールは最高においしいです。

このお店に訪れると必ず日本人がいるくらい日本人にも人気なお店です。

最寄り駅は、スクンビット駅です。

 

スポンサーリンク





プロが教える本当の楽しみ方を伝授

バンコクで本当に楽しむ方法は、ガイドブックに載っている場所に行く事だけではできません。

自分で見つけるものなんです。

例えば、

・ローカルな屋台に行って自分だけのタイ料理を楽しんでみたり

・適当なマッサージ屋さんに行ってみたり

・フワイクワン(Huay Kwang)

いろんな楽しみ方ができますが、私ならこんな場所で楽しむかなって場所を少しですが紹介していきます。

・フワイクワン(Huay Kwang)

最近のバンコクは屋台が激減して、夜にお店探すのが一苦労です。あったとしても、昔の活気がある屋台ではない。

でも、MRTのフワイクワン駅近くにはたくさんの

屋台、マッサージ屋、バーなどが深夜4時近くまでやっていてタイ人もおすすめする夜の穴場スポットです。
私はここで、タイ料理を食べ歩きますが、何回行ってもおもしろい。
台湾料理、中国料理、タイ料理、
1年くらい通わないと回れないくらいお店がたくさんあっておもしろい場所なので行ってみて下さい。

・バンコクの夜と言ったら・・・

男性が喜んで行く場所、
ナナプラザ、ソイカーボーイ、タニヤ通りです。

しかし、女性でも楽しめる場所がBTSサラデーン駅から徒歩3分で行けるパッポン通りです。

ここには、かなり珍しい小物や洋服などが売っている他、

ムキムキいけめんマッチョがパンツ一枚で踊っていたり、オカマ通りなどがあるので行ってみると面白いです。
ただ、治安はそこまでよくないので行く時は必ず2人以上で行って下さいね。

・グリーンマーケット

マーケットと言えば、チャトチャックやナイトマーケットが思いつくと思いますが、

チッチッチ!

本当に面白い場所ほどネットにはあまりのっていないんです。
このグリーンマーケットに来る人はほぼ、タイ人しかこないような穴場。
しかもチャトチャックから徒歩で5分の場所にあるのですぐに分かる。
場所はMRTチャトチャック駅から徒歩10分程度。

他のマーケットと違う所はオシャレなバーがたくさんあったり、ローカルな雰囲気をかもしだす
タイ人の学生が行くフードコートなどがあります。
お土産も普通のお土産ではなく、変わったユニークなお土産も売っています。

 

夜にタクシーに乗る時の注意点

夜に観光に行った後は、どうしても帰りが遅くなりタクシーを拾うしかなくなりますよね?

しかし、繁華街などに停まっているタクシーはほとんどぼったくりタクシーです。

ナナ駅、アソーく駅、タニヤ―通りで拾うタクシーは100%ぼったくり。

それに、女性一人で夜中にタクシーに乗るには少し勇気がいると以下の方法で対処してください。

・動いているタクシーを必ず拾う

・携帯を使えるならアプリを使ってタクシーを呼ぶ

・乗る時は絶対にメーターを使えるか確認する

・2人以上で乗る事

・古いタクシーはシカトする

メーターは動いていても高速で上がっていく改造メーターもありますので、気をつけて下さいね。
メーターの見方はこちらで確認して下さい。

タイのタクシー料金表とメーターの見方を知ればもう恐くない!時間で分かる支払い額

さいごに

今回紹介しきれなかった場所以外でも、おもしろい場所がたくさんあるので自分で歩いたりタクシーに乗って探してみて下さいね。

ただし、夜のバンコクは治安がいいとはいえないので、友達同士でなるべく固まって行動しましょうね。

タイで楽しい旅になる事を心から願っています。

スポンサーリンク





-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ旅行 気を付ける事,タイ旅行 持ち物 男,タイ旅行 服装

男性なら知ってほしいタイ旅行で気を付ける事、持ち物、タイ女性にもてる服装について

初めてのタイ旅行、 男性でもチェック必須な気をつけたい事を紹介。 タイに住んでいるからこそわかる本当に必要な持ち物 タイ人女性にもてる服装について詳しく説明します。 ★記事で分かる内容は? ・タイ旅行…

続きを読む

タイ年末年始気温,タイ年末年始ビーチ,タイ年末年始服装

タイ旅行に最適なサンダルは?お寺って入場禁止なの?

タイで象乗りや水上マーケットなどの ツアーに参加したいけど、どんなサンダルが良いのか? お寺に履いて行ってもいいの?そんな タイの靴やサンダル事情について詳しく書いて行きます。 ★記事で分かる内容は?…

続きを読む

バンコク 年末年始 お店,バンコク 年末年始 過ごし方,バンコク 年末年始 観光

インスタ映えの寺院がタイで撮れる場所厳選8選!ライトアップ情報も

タイでインスタ映え抜群のお寺ってどんなものがあるのかな? ガイドブックにもネットにも紹介されていない超穴場な寺院も 写真付きで紹介しています。 ★記事で分かる内容は? ・インスタ映えの寺院をタイで撮る…

続きを読む

タイ デパート 値切る,タイ マーケット 値切り,タイ 安い デパート

タイのデパートやマーケットで値切りしないで購入は大損?安く買える場所を紹介!

タイ旅行の魅力と言えば、買い物ですね。 しかし、多くの日本人は割高で買わされているのが現状です。 人によっては定価の10倍以上の値段で買わされる事もあります。 いわゆるボッタくりってやつですね。 でも…

続きを読む

アユタヤ 象 個人,アユタヤ 象 行き方,アユタヤ 象 料金

個人でアユタヤの象に乗るには?行き方やツアーとの料金差、観光スポットを紹介

タイ初心者でも行ける! アユタヤまで個人で行って象さんが乗れる場所までどうやって行くのかを分かりやすく紹介します。 ツアーとの値段の差はどれくらい違うのか?個人で行く事がどれだけお得で楽しいのかを書い…

続きを読む

プロフィール

ヨシピーです

台風の翌日、遊泳禁止の海で波に流され溺れかけ、救急車で運ばれました。溺れている最中、走馬灯が走り海が黒く見えたので、もうだめかと諦めた瞬間、「まだやり残した事がたくさんあるよね?」という天の声を聞き、その後しばらくして会社員を辞め好きな事、好きな人生を追い求め各国を旅してタイに辿り着きました。

超楽観的な性格で、自分の時間が人より数倍遅く流れているせいか、タイに来てタイ人に「君はゆっくりしすぎてるし、楽観的な性格だからもうちょっと計画性とか持った方が良いよ」そんなアドバイスをもらうくらいなんくるないさ~の「死ななきゃ幸運」そんな思いで生きています。タイに長年、住んでいた経験を活かしこれからも、タイ旅行に行く人に向けた、もしくはタイに住まれている人に向けた情報を発信してまいります。

さらに詳しいヨシピー情報はこちら

関連記事